読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まつのメモ帳

ポケモンカードの大会の結果、新弾についてなどを書いていきます

<デッキレシピ>(シャドウバース)疾走ビショップ(ROB)

 こんにちは、まつです。今回は、初のシャドウバースのデッキレシピです。記事投稿日にマスターランクに昇格できたので、AA0帯から主に使っていた疾走ビショップについて書きます。

 

<デッキレシピと採用理由>疾走ビショップ(ROB期)

f:id:tristandacunhaisland:20170316221241p:plain

フォロワー 22枚

2マイニュ ×3

 ウィッチに対する先2の動きはこれが強い(虹の輝き対策)ため、2コスフォロワーはマイニュを採用。

3教会の護り手 ×3

 アグロヴァンプ、エルフ、ウィッチ等が、この1枚で完全に止まるため採用。2/2フォロワーが2体並ぶことが多い3ターン目に出すと効果的。4、5ターン目のムーブが強いデッキであるためかなり役に立つ壁。

4ウルズ ×2

 疾走フォロワーでバーストダメージを出すために採用。アグロ相手は神鳥+ウルズで盤面除去に使うことも。

4鉄槌の僧侶 ×3

 4ターン目の動きで明らかに強いので採用。

5エンシェントレオスピリット ×3

 アグロに対する全体除去。アグロヴァンプやテンポウィッチ、エルフ等現環境のアグロ系デッキに対してはかなり刺さり、この1枚だけで戦況をひっくり返すことができるため、厚めに3枚採用。

6ムーンアルミラージ ×1

 相手が進んで除去しに来るカードであり、柔軟性のある1枚。フェイスに進化5点与えても良し、相手のフォロワーを除去しても良しのカードであるが、カードパワーはそこまで高くなく、6コスの動きはガルラの方が使いやすいためピン挿し。

6天空の守護者:ガルラ ×3

 フェイスに3点与えながら獣姫返して4/4フォロワーを出すとか最強かよーみたいなカードで、このデッキの核。ガルラ素出しによるリーサルも多く、ガルラ引いたら勝ちみたいな試合も多い。

7ガブリエル ×2

 アミュレットと相性が良く。神鳥が返った時に使えば7/7疾走が生まれる。自身も進化して盤面除去&他フォロワーを強化して顔面のムーブにより、戦況を逆転できる。もちろんガブリエルによる勝利も多いが、6ターン目にガルラでフォロワーを並べた後、全体除去されるとガブリエルで強化する対象がなくなるので注意。事故を嫌うなら1枚。

8ギルガメッシュ ×2

 8ターン目にあと5点あれば勝ちという盤面が多いから採用。このデッキのフィニッシャー。

 

スペル 6枚

2 気高き教理 ×1

 やってる事は強いのだが、アミュレットが無いと手札で腐るので1枚のみの採用。

2 漆黒の法典 ×3

 2コス除去として3枚採用。2ターン目の動きではあまり使わない。消滅はいいぞ。

5 死の舞踏 ×2

  確定除去として採用。守護に弱いデッキであるため、大型守護を破壊したりすることが多い。

アミュレット 12枚

1 詠唱:白翼への祈り ×3

1 詠唱:聖なる願い ×3

2 詠唱:獣姫の呼び声 ×3

3 詠唱:神鳥の呼び笛 ×3

  この12枚のアミュレットは序盤に盤面を作るために重要であるため、脳筋で3枚ずつ入れました。

 

<採用を見送ったカード>

2 煌翼の戦士・リノ

 交戦するだけで相手のリーダーに1ダメージ入るため、疾走ビショップにとても相性が良いが、2コスで2点出すスペルが環境に多すぎて、交戦させてもらえないことが多々あったため抜きました。

2 天界の忠犬

 DRK時は採用していたが、エンシェントレオスピリット等の登場でデッキのスペースが無くなったので不採用。守護は護り手を採用。

3 見習いシスター

 素出しが強くないカードはあまり増やしたくなかったため不採用。3コスの動きは神鳥か護り手の方が強いことが多い。

4 熟達の調教師

 先攻4ターン目の動きがこのデッキには無いため採用しても良いが、盤面を圧迫してしまうのと、体力3だと相手の後4の動きですぐ倒されるし、フローラルフェンサー等4/5の体力を2にできない(5ターン目のエンシェントレオスピリットの動きにつなげられない)ため不採用。

6 テミスの審判

 アグロに対してはエンシェントレオスピリットで良い。コントロール系に対しては打ちたい時もあるが、テミスを打っても勝てない事が多く、コントロールに対しては8ターンくらいで決められなかったらほぼ負けと考えていいので不採用。1回エイラ対策にバハムートを入れて、1回マジで刺さったが、その試合でも勝てなかったから10ターン目以降はほとんど捨ててます。

 

<相性とマリガン>

OTKエルフ △ 互角。5、6ターン目にその圧倒的展開力を駆使して押し切るのが勝ち筋。エンシェントエルフは白翼+法典で除去するか護り手でブロック。

並べる系ロイヤル 〇 レオが何とかしてくれる。展開力はこちらが勝っているため押し切れる。

アルベール系ロイヤル × 疾走で削られ続けて、アルビダで負けることが多い。ロイヤルに当たったら護り手キープ。

テンポウィッチ 〇 レオ1回打ったら止まることが多い。虹の輝き警戒でマイニュはキープ。

超越ウィッチ △ マジックミサイルと虹の輝きが辛く、7ターン目までに削りきれないことが多い。マイニュを守りながら顔面を削るのが大事。

ランプドラゴン ◎ すごく相性が良い。序盤はアイラを消滅させてPPを上げさせずに、中盤はサラマンダーブレスや灼熱の嵐が刺さらないように気を付けながらフェイス進化して削りきる。

アグロネクロ 〇 こちらもレオが刺さるので、だいたい1回進化できたら盤面は取れるが、ファントムハウル+ミミココの11点まで削られないように注意。

ネフティスネクロ △ 実は苦手。カムラで止まってしまわないように法典を終盤までキープしながら戦いたい。

回復ビショップ × コントロール系デッキの中でも最も苦手なデッキ。テミスの審判で止まらないようにアミュレットのカウントダウンをずらすのも1つの手だが、正直テミス握られてたらほぼ負けだからそれ考えずにガンガン顔面いく方が勝率高い。

 

基本的に、

1 白翼

2 獣姫

3 神鳥

が一番強いムーブであるからそれを目指してマリガンする。

 後攻であれば聖なる願いも返す。あとは相手のリーダー次第。

 

  新弾以降は環境がどのようになるか分からないですが、疾走ビショップを使う時の参考にしていただければ幸いです。

 明後日は大型大会、ホウエンリーグがある為、新弾開封後大急ぎでデッキを組もうと思います。

 それでは( ..)φメモメモ